経営理念

経営理念

お客様のこだわりの商品を使われる人々への感動へと、
お届けする役割と使命を持つこと…。
運ぶだけの仕事ではなく、
一人ひとりの経験を駆使した技術と知恵を持って、
誇りと情熱でお届けしたい…。
共に人として育ち合い、お客様のパートナーとして歩める企業を目指します。

ロゴマークに込めた想い

創業者 川端義雄のイニシャル「K・Y」を夜明けから日の出へ 恵まれた大地から芽生える 久しく~遠くの意味を込めてデザインしました。

経営方針

企業の環境保全責任

  • 法規制を順守し環境保全に努める
  • エコドライブの教育に注力して能力向上を目指す
  • 低公害車の導入
  • 自動車の点検・整備を徹底する
  • 廃棄物の適正処理をする

地域社会への貢献

  • 社会的な問題を解決できる仕事づくりをして、地域の若者から高齢になっていく社員、障がい者や女性が活躍できる働く場をつくり、ダイバーシティ経営を目指す
  • 無事故・無違反など安全意識と環境保全意識のもてる人材の教育に注力し、志高い人材を育てる
  • 地域の子どもたちの成長や、地域の誇りあるスポーツ団体を応援する

働きがいのある会社づくり(社員の幸福追求)

  • 労働環境(休日・労働時間)の改善を図る
  • 平等・公平な評価をする
  • 自己成長につながる教育訓練の実践に取り組む
  • コミュニケーションのとれた人を思いやる風土をつくる

商品・製品・サービス、市場創造に関する方針

  • 納品ミスゼロ、納品時間の厳守、丁寧かつ迅速な荷扱い(品質向上)に努める
  • お客様に対する観察力や感性を養い、顧客満足につながる付加価値をつくり出す

業績向上・財務強化、営業に関する方針

  • 大手物流企業と連携業務拡大を図る
  • 自立型企業としてのブランド力の向上を目指す
  • 運送原価のコスト管理ができる物流サービスを構築をする

社員共育(教育)に関する方針

経営理念の一節に、「共に人として育ちあいお客さまのパートナーとして歩める企業を目指します。」とあります。

人は人の中で磨かれ、人のお役に立てれたことで、やりがいが見つけられるものです。

一人の人間として社会人として、どうあるべきかを会社の仲間と共に育ちあいましょう。

そこから学び、気づいて自己変革をしていく先にしか、幸せとやりがいは見つけることができません。今ある自分の周りの人と環境に感謝して、人・もの・自然のありがたさがわかる人間集団を創ります。

  • 常に今に満足せず、今日より明日へと向上心をもち学びを実践する。
  • 自分の技術と感性を磨くことを怠らず、プロとして選ばれ続ける志しをもつ。
  • やりがいのある会社にする一人として受け身ではなく自主的な行動と実行力をもつ。
  • 与えられた仕事をこなすだけでなく、知恵と工夫をもった人のことが考えられる仕事をする。
  • 自分がたてた目標・目的を達成する自己管理力のスキルを磨きモチベーション向上に努力する。
  • 年間計画にある研修・セミナーは参加して学びを深めて力にする。

社員の声

各種認証・認定・活動

安全性優良事業所認定証

この制度は、全国貨物自動車運送適正化事業機関である全日本トラック協会が、事業者の安全性を正当に評価し、認定し、好評するものです。この認定書は、安全性優良事業所として評価を受けた事業所のみに与えられる安全の証です。

川端運輸(株)は、2005年1月1日に認定取得


ISO 39001(道路交通安全)認証

ISO39001は、道路交通事故による死亡・重傷事故ゼロの安全な社会を実現することを目的とした道路交通安全マネジメントシステムに関する国際規格です。世界における道路交通事故による死亡者は、年間約130万人以上、負傷者は、年間5000万人以上とも言われ、国際的に道路交通安全への取組みが注目されています。こういった背景から、世界中で最も信頼され得る道路交通安全の国際規約として、2012年10月にISO39001が発行されました。


グリーン経営認証

物流分野のCO2排出削減に向けた自主的な取り組みの拡大に向けて、業種業態の域を超えて互いに協働していこうとする高い目的意識のもと、荷主企業(発荷主・着荷主)と物流事業者が広く連携していくことを促進すべく運営するものです。

川端運輸(株)は、2005年1月28日に認定取得


グリーン物流パートナーシップ

物流分野のCO2排出削減に向けた自主的な取り組みの拡大に向けて、業種業態の域を超えて互いに協働していこうとする高い目的意識のもと、荷主企業(発荷主・着荷主)と物流事業者が広く連携していくことを促進すべく運営するもので、その活動に当社は参加しています。


JAPHIC(ジャフィック)認証

JAPHICマーク制度は、「個人情報の保護に関する法律」に基づき作られた「個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン」に準拠して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備し運用している事業者を認定して、その旨を示すJAPHIC マークを付与し、事業活動に関してJAPHICマークの使用を認める制度です。